診療所の紹介

院長の挨拶

院長  ○○○○

漢方京口門診療所所長
山崎 正寿
(ヤマサキ マサカズ)

漢方京口門診療所のホームページをご覧いただきありがとうございます。所長の山崎正寿です。

平成25年(2013年)11月より漢方治療専門の医療機関として新しく発足いたしました。それまでは、おなじところで、昭和60年(1985年)より、浅田流伝統日本漢方の聖光園細野診療所広島診療所として20年以上漢方治療を行ってきました。

当診療所の用います漢方薬は漢方エキス剤と煎じ薬で、鍼灸治療も医師自身が行っています。なお、当診療所は自費診療とさせていただいています。

現代の医療は大変進歩して多くの病気の治療に成果をあげていますが、いっぽうで現代の医療でもなかなかうまく治療できない病気があります。また、現代医療よりも漢方治療がより優れている病気もあります。そのような場合には、現代医学とは異なった見方をする漢方医療をぜひこころみていただきたいと思います。私もみなさまの期待にそえるよう励んでまいります。

略歴(漢方歴45年以上)


  • 1944(昭和19)年9月3日生
  • 1970年 京都大学医学部卒。京大病院にて内科研修
  • 1972年 聖光園細野診療所にて故細野史郎、故坂口弘先生より浅田宗伯派の伝統的日本漢方の指導を受ける
  • 1975年 京都大学大学院・医学研究科(専攻薬理学)に入学
  • 1979年 大学院修了。京都大学医学博士取得
  • 1981年 金沢映寿会病院(多留淳文先生)副院長
  • 1985年 聖光園細野診療所の広島診療所担当
  • 2013年 漢方京口門診療所開設

所属学会


  • 日本東洋医学会(代議員・専門医・専門指導医)
  • 和漢医薬学会(評議員)
  • 東亜医学協会(理事)
  • 日本医史学会(代議員)
  • 日本漢方交流会(会長)
  • 広島漢方研究会(会長)

著書


  • 『臨床老年医学大系』(共著) 1983年 情報開発研究所
  • 『臨床薬物治療大系』(共著) 1987年 情報開発研究所
  • 『漢方医学の新知識』(からだの科学増刊) (共著) 1995年 日本評論社
  • 『漢方治療二頁の秘訣』(共著) 2004年 金原出版株式会社
    他論文多数

漢方京口門診療所

漢方エキス剤や煎じ薬に加え、鍼灸治療もおこないます。また必要に応じて、一般的な検査もおこなえます。診療は自費診療でおこなっています。